家の模型

底地という権利がある物

豪華な家

土地にはいくつかの権利があります。もちろん、完全にその土地を自由にすることができる完全所有権というのもあるのですが、土地の権益が分割されていることがあります。そうした土地の一つに底地があります。これは借地権がついている土地のことです。
或いはその借地権を含んだ土地を持っている権利を指すこともあります。底地を持っている、といいますと土地はあるがそこに借地権があり、すべてを自由にすることはできない、ということでもあります。住んでいるわけですから、そこに住んでいる人の許可が何かと必要になります。
もちろん、これは借地の賃料を支払っているから発生している権利でもあるわけですが、かなり昔に契約したものになりますと親子代々と受け継いでいる可能性もあります。こうした権利は容易に返してもらうことができないので覚悟しておきましょう。もちろん、相手からもう大丈夫です、他所の土地を探します、といって返してくることもあります。しかし、基本的にこちらの思うとおりに土地を再活用したいのであればその借地権の買取をすることになります。自分の土地なのに、と思うかもしれませんが、それが底地にある権利であるので素直に受け入れましょう。

底地とは権利でもあります

底地は権利のことを指す場合もありますし、その土地そのものを指す場合もあります。これは借地権がついている土地のことです。つまりは、その借地権付きの土地の所有権のことを底地と呼ぶこともあるのです。こうした土地はかなり面倒なことになる場合が多いです。
借地権とはそこを借りる権利であり、それはその土地を利用する契約ができる権利というわけではなく、本当にそこを利用する一つの立派な権利でもあります。どういう意味か、といいますと要するに本当の土地の所有者であろうとも借地権がある人を無視して処分したり、或いは他の人に貸すなどができないわけです。底地でよいところを持っていても、借地権者がいる場合、何事も自由にすることはできないわけです。
このようにいいますと非常に嫌な権利と思うかもしれませんが、これは底地を持っている人から見れば、という話であり、利用する側、つまりは住んでいる側は相手の一方的なことで住むところを利用できる土地を追われるようなことがない、という為の権利でもあるのです。ある意味では弱者保護、という意味合いである権利といえるでしょう。それに貸している側も高尚次第では買取もできますからもう利用できないわけではないのです。

底地が大変な理由

地主などを大いに悩ませる原因となるのが底地です。もちろん、ないよりはよいのですが底地というのはなかなか難しい権利関係の土地です。そもそもそんなに底地という言葉を聞いたことがある人は多くないでしょう。不動産業界にいるなり、或いはそれこそ地主のような人でもない限りはあまり聞かないのが現状です。
これは借地権がついてある土地の権利のことをいいます。つまりは、地主などが人に土地を貸している場合、そこに借地権、という形で貸している場合に底地が生まれるわけです。借地権というのは、単に貸し借りをする契約に関する権利ではなく、そこに住む、利用することが可能になる非常に強い権利の一つでもあります。底地の権利関係を綺麗にしたいのであれば借地権を持っている人に金銭を払うことになるでしょう。
つまりは、権利を買い取る、放棄してもらうためにいろいろと費用を支払う必要があります。そうなりますと底地というのはなかなか売れないわけです。権利が余計についている土地というのは、さすがに買い取りたいと思う人はそんなに多くはないでしょう。しかし、やはり昔は僻地だったが発展した土地などであれば買い取りをしてもメリットがある、という場合もあります。