家の模型

底地は大変な土地になります

不動産というのは家、そして、土地のことを指します。実はこの家の部分と土地の部分にわかれて権利が付与されていることがあります。底地という言葉があります。不動産業者でもない限りはあまり聞きなれない言葉でしょうが、これは借地権がついている宅地のことをいいます。さらに厳密に言えば底地とは価格を指すこともあります。
借地権利者との関係で色々と利用をするときに制約を受けることもありますし、底地だけを売ることもできないのでその土地に関して、非常に複雑になってしまうことがあります。そもそもどうしてこんな権利があるのか、といいますとどうしても貸す側と借りる側では貸す側が強くなるのは間違いないからです。そして、地価が年々上昇していった時代もありましたので土地を住むために借りたとしてもその値で貸すよりは売るなり別にマンションなりアパートなりを建てたほうが得だ、と土地権利者が思い、借地として借りているのにすぐに出て行ってくれ、と言い出すことがあるわけです。
そんなことをしますと借りている人は非常に弱い立場ですから、法律で、権利として認めよう、という制度設計になっています。土地持ち側からすれば面倒な権利ではあるのですが、借りている側は生活を守ってくれる大事な権利でもあるのです。