家の模型

底地を相続した場合

底地とは、要するに借地権がある土地の所有権になります。こうした土地は処分をすることに非常に難しい部分があります。ちなみに借地権を持っている人というのは、法的に長く住めば住むほどそこの土地の権利に関する割合を強くしていきます。
もちろん、勝手に所有権が付与されることはありませんが、借地権を持っている人にそこの土地を引き取ってもらう場合には今まで住んでいた年数の分が考慮されて地価から差し引かれて売却値段に影響する、とされています。このことを考えますと底地を第三者に売ろうとする場合、借地権がある人の許可が必要であり、或いは借地権を取り上げるために土地の所有者がお金を払うことも往々にしてあります。
借地権は立派な権利であり、当然の行動とされていることですが、このような底地を相続することが地主の人ではよくあります。基本的に収益性がより高く認めることができるのであれば買い取った方がよいです。自分の土地なのに買い取る、ということになりますが、そうした権利が付与されている土地であることを素直に認めて小細工をしないで買い取りましょう。貸したままでよい、というのであればそれでもよいです。それも一つの選択肢になります。